見た目もスッキリとした矯正方法です

マウスピース

最近、歯の矯正治療をされている人達を多く見かけるようになりました。古く昭和の時代などは、歯並びが悪くとも芸能人になれるようなことがありましたが、さすがに現代では誰もが歯並びをキチンとされる人が多くなりました。昭和の時代に歯の矯正が進まなかった理由として考えられるのが、矯正治療の方法が決まっていて身体への負担が大きくなることがありました。それは長期に渡り、歯全体に金属のブラケットを装着する必要があり、お子さんには辛い負担だったものと考えられます。また見た目も悪いことから仲間うちから、揶揄われることなどもあったと言われます。更には今ほど、歯を大切に考える人も少ないと言う事情もあったのでしょう。そんな歯の矯正治療も時代と共に進歩して、今では札幌市内でもインビザラインと呼ばれる手軽な矯正治療も行われるまでになりました。

健康であるためには歯の矯正が必要

歯とマウスピース

歯の矯正が何故必要なのかを考えてみます。多くの人は、見た目を良くするためと答えると思いますが、それ以上の役目もあると知っておくべきです。札幌で歯の矯正を行うにあたっては、歯が持つべき機能を本来の働きが出来るように戻すと考えると良いのでしょう。確かに歯を綺麗に並べることで、人前でも大きな口を開けて笑うことが出来るようになります。ですがインビザライン等で矯正を行うことで、毎日の食事を美味しく食べることが出来るようになり、虫歯予防にも繋がることになります。歯が綺麗に並ぶことで、硬い物を食べるにも違和感を覚える必要がありません。

矯正することで明るい人間に

診療室

歯の状態が上と下のアゴに対しキチンと噛み合っていない状態を不正咬合と呼びます。この状態を放っておくと、歯におけるトラブルが続々と出てしまう危険性が非常に増してしまいますもし札幌市内でインビザラインと言った歯の矯正を行わないでいると、小さなお子様では顔形が悪くなる心配があります。前歯が出てしまった状態の「出っ歯」になってしまう恐れが十分に考えられることや、虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。更には歯が綺麗に並んでいないことから、発音が悪くなってしまうと言ったことも考えられます。

終わりが見える矯正治療です

歯科医

今札幌市内で行われるようになったインビザラインによる歯の矯正治療の良さは、目立たずに治療を行うことが出来ることです。マウスピースを咥える治療と言うことで、患者さんの身体への負担が非常に軽くなることも大きな要因です。従来のブラケット装着とは違い、人前で仕事をする人への配慮にもなっています。またお子さんたちにおいては、いじめなどの要素もなくなり安心して通学が出来るメリットが生まれています。インビザラインの特徴はそれだけでなく、治療期間を予測することが可能と言うことです。果てしなく治療が続くと考えることがないだけでも、患者さんにとっては嬉しいニュースとなるはずです。

インビザライン徹底ガイド

世界で500万人以上が受けている世界で500万人以上が受けている札幌で作成するインビザライン